外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本航空は7日、欧州の航空機大手エアバスが開発中の最新鋭機「エアバスA350」56機を購入する契約を結んだ。日航は国際線を中心に運航している米ボーイング777の後継機と位置付け、2019年に運航を開始する計画だ。A350は、トラブルが相次いだボーイング787の競合機とされる。787の開発には多くの日本企業が参加しており、競合機の大量導入を決めた日航に米国が反発するのは必至だ。

共同通信