外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 経営再建中の日本航空は17日、植木義晴専務執行役員(59)が社長に昇格する人事を内定したと正式に発表した。2月に開催する臨時株主総会後の取締役会で就任する。大西賢社長(56)は代表権を持つ会長に、稲盛和夫会長(79)は取締役名誉会長にそれぞれ就く。日航は、19日で経営破綻から丸2年を迎える。企業再生支援機構の支援を受けて再建を進め、今年秋には東京証券取引所第1部への株式再上場を目指している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信