外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀が2日発表した生活意識アンケート(9月調査)によると、個人の現在の景況感を示す指数は前回6月調査から10・4ポイント低下し、マイナス20・4となった。2四半期(半年)連続で悪化し、指数は2013年3月調査以来、1年半ぶりの低水準。物価上昇に所得改善が追いつかず、家計負担の増加が景況感を冷やした。

共同通信