外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀の黒田東彦総裁は15日、金融政策決定会合後に記者会見し、ことし4~6月期の日本の成長率は「かなり低下する可能性がある」との見方を示した。米国や中国など海外経済の減速によって輸出や生産が弱くなっていると説明した。2016年度前半ごろに2%の物価上昇目標を達成する従来の見通しに変わりはないと強調した。

共同通信