外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀の黒田東彦総裁は20日、東京都内で開かれた共同通信のきさらぎ会で講演し、日本経済は「(デフレ脱却の)実現に向けた道筋を順調にたどっている」と述べ、4月に導入した大規模な金融緩和の効果に自信を示した。日銀は2年で消費者物価の前年比上昇率を2%にすることを目指している。黒田総裁は、財政の健全化は「持続的な経済成長に必須の前提だ」とした上で「持続可能な財政構造の確立を強く期待している」と強調した。

共同通信