外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀の白川方明総裁は15日、日本経済がデフレから脱却するために「強力な金融緩和を間断なく推進していく」と述べ、21、22両日に開く金融政策決定会合で追加金融緩和を検討する考えを示唆した。支店長会議であいさつした。政府と日銀は決定会合で、物価上昇率2%の目標明記を柱とする政策連携を確認する文書を結ぶ方針。同時に日銀は追加緩和を検討し、「無制限の金融緩和」など大胆な手法についても議論するとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信