外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀の白川方明総裁は5日開かれた金融政策決定会合後の記者会見で、事実上のゼロ金利政策などを決めた今回の追加措置を「包括緩和」と名付け、景気を下支えするため、一連の金融緩和策を強力に推進すると表明した。基金を創設して長期国債やリスク資産である社債などを買い入れることについては「臨時、異例の措置」と説明。一連の緩和策は、「量的緩和」と「信用緩和」の両面を持つと指摘した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信