外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀の黒田東彦総裁は11日、金融政策決定会合後の記者会見で、長期金利の上昇を抑制する追加策を検討したことを認めた上で「変動は収まってきており、現時点では必要ないとの結論に達した」と見送りの理由を説明した。その上で「(金利の)変動を縮小させる努力を引き続きやっていく」と述べ、今後の市場安定に自信を示した。総裁は、長期金利を含めた金利全体に日銀は「相当な影響を与えることができる」と強調。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信