外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は次期日銀総裁人事で、黒田東彦アジア開発銀行総裁(68)の起用を本格検討していることが23日、分かった。元財務官の黒田氏は国際金融の経験が長く、デフレ脱却には強力な金融緩和が必要と主張しており、国際経験や大胆な緩和策を求める安倍晋三首相の考えに近い。財務省主流の主計局出身ではないことから、野党の同意が得やすいとの見方もある。政府内には岩田一政元日銀副総裁(66)らを推す意見も残っている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信