外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀は14日、金融政策決定会合を開き、企業の資金繰り支援策として実施している社債購入などの「異例の措置」について、期限の12月末で打ち切ることを見送った。大企業を中心に資金繰りは改善しているが、景気の先行きに不透明感があり、金融情勢を慎重に見極める必要があると判断した。10月30日の次回会合以降に最終判断するとみられる。政策金利である無担保コール翌日物金利は、据え置きに。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信