外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀は31日、2日目の金融政策決定会合を開き、大規模な金融緩和で膨らむ副作用を軽減するため、従来の金融政策を修正することを決定した。修正は2016年9月以来。長期金利の一定幅の上昇を容認。株式相場への影響に配慮し、上場投資信託(ETF)の購入配分を見直す。マイナス金利の適用も縮小する。短期金利をマイナス0・1%とし、長期金利を0%程度に抑える全体の枠組みは維持。黒田東彦総裁が午後に記者会見して決定理由や狙いを説明する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信