外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀は19日、金融政策決定会合を開き、現行の大規模な金融緩和策の継続を賛成多数で決めた。最近の物価は原油安の影響で伸び悩んでいるが、10月末に決めた追加金融緩和の効果を見極める。国内景気の現状判断は、「緩やかな回復」を続けているとし、15カ月連続で据え置いた。

共同通信