外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀は30日、金融政策の枠組みを抜本的に修正し、目標をお金の「量」から「金利」に転換した9月20、21日の金融政策決定会合での「主な意見」を公表した。新たな枠組みは「政策の持続性が高まる」と支持する声が多かった。日銀は2%の物価上昇の早期実現を掲げているが、達成まで時間がかかるとの見方が委員の間に広がっていることが浮き彫りになった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信