外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀は1日、2016年度の物価上昇率の見通しを引き下げる方向で検討に入った。個人消費の低迷や円高に加え、6月の企業短期経済観測調査(短観)で企業の景況感が悪化傾向にあり、経営者が投資などに慎重姿勢を強める恐れがある。日銀は28、29日に開く金融政策決定会合で追加金融緩和の是非を議論するが、市場では追加緩和への期待が高まっている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信