外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀は7日、金融政策決定会合を開き、現在の大規模な金融緩和の継続を全員一致で決めた。日銀は鉱工業生産の判断を「緩やかな増加」から「弱めの動き」に下方修正した。消費税増税後の生産活動の低迷を反映した。国内景気全体の現状判断は「緩やかな回復を続けている」との表現を維持した。判断据え置きは13カ月連続となる。

共同通信