外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀は21日、金融政策決定会合を開き、金融政策の枠組みを変更し、政策目標を現在の資金供給量から短期金利と長期金利に転換することを決めた。具体的には短期金利はマイナスとし、長期金利は新たに0%程度とする目標を設定した。民間銀行が日銀に預ける資金の一部に年0・1%の手数料を課すマイナス金利政策を維持。必要があれば、さらに引き下げると表明した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信