外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀は15日発表した10月の地域経済報告(さくらリポート)で、全国9地域のうち関東甲信越、東海、中国の3地域の景気判断を引き下げた。判断を引き下げた地域が出たのは、リーマン・ショックを受けて景気が大幅に落ち込んでいた09年4月以来、1年半ぶり。3地域はいずれも自動車産業への依存が強い。エコカー補助金の終了や海外経済の減速が要因という。残りの6地域は判断を据え置いた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信