外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀が今月20、21日の金融政策決定会合でまとめる政策の総括的な検証に合わせ、追加金融緩和を決める案が浮上していることが14日、分かった。2%の物価上昇目標の達成が危うくなっているためで、マイナス金利幅の拡大を軸に検討する。検証では物価目標の達成期限として掲げてきた「2年程度」を事実上撤回する。金利全般が下がりすぎる副作用を抑えるため、国債の購入方法の見直しも議論する。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信