外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国政府の政策を検証する国会の「国政監査」が26日始まり、外交統一委員会の外務省に対する監査では、従軍慰安婦問題の解決に関する日韓合意に反発する野党が「屈辱的な合意」などと政府側証人への批判を強めた。一方で24日に野党主導で閣僚の解任建議が可決されたことに反発した与党セヌリ党が、各委員会での監査出席をボイコットする異例の事態となった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信