外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【シドニー共同】旧日本軍が1942年2月にオーストラリア北部ダーウィンへの空襲を開始してから19日で75年。現地では慰霊式が行われ、出席したターンブル首相は「空襲は国への初めての直接攻撃であり、最悪の恐怖だった。国を救った兵士と市民の犠牲を忘れることはない」とあいさつした。空襲が始まった午前9時58分には警報のサイレンが鳴らされた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信