外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力福島第1原発事故による緊急時避難準備区域指定の解除を受け、福島県南相馬市で17日、旧準備区域にある市立小中学校12校のうち、5校が約半年ぶりに元の校舎で再開。市は8月から校舎や校庭、半径200mの通学路を除染し、受け入れ準備を進めてきた。原発事故前、5校に在籍していた児童・生徒は計約2200人。約1200人が県内外に避難したが、17日までに帰還したか、間もなく戻るのは計23人という。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信