外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 28日に行われるプロ野球ドラフト会議の目玉として注目される早大の斎藤佑樹投手らが13日、プロ志望届を提出した。早大は斎藤のほか、世界大学選手権日本代表の大石達也や福井優也の両右腕も提出。中大からは最速157キロを誇る本格派右腕の沢村拓一投手、東洋大は左腕の乾真大投手が出した。斎藤は東京・早実高時代の06年夏の甲子園大会で全国制覇。早大入学後も1年から活躍し、今秋に30勝、300奪三振を達成。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信