外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北海道旭川市の旭山動物園で19日、ペンギンが雪で真っ白になった園内を行進する冬の風物詩「ペンギンの散歩」が始まった。よちよちと歩く愛くるしい姿に、入園者からは歓声が上がった。午前11時、「ペンギン館」の柵が開かれると、キングペンギン15羽とジェンツーペンギン2羽が飛び出し、40分かけて500メートルのコースを進んだ。雪を巻き上げながら腹ばいになって滑る姿も。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信