外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】太平洋戦争末期の激戦地、硫黄島(東京都小笠原村)で星条旗を掲げる米兵らの姿をかたどった像が22日にニューヨークで競売に掛けられることが8日分かった。AP通信が伝えた。落札予想価格は120万~180万ドル(約1億1100万~約1億6700万円)。日本軍守備隊を撃破した米海兵隊員らが摺鉢山頂上で1945年2月に星条旗を立てるシーンは米国民に広く知られ、勇敢な「海兵隊の象徴」とされている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信