外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 尖閣諸島付近の中国漁船衝突の映像流出事件で、関与を認めた神戸海上保安部の海上保安官(43)が21日付で、陸上で勤務する予備員に配置換えになったことが22日分かった。神戸海上保安部によると、乗船勤務不可とする医師の診断書が提出されたためで、「プライバシーなので、病名は言えない」としている。また22日、保安官が乗務していた巡視艇「うらなみ」が神戸港を出港、兵庫県相生市のドックに向かった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信