外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は22日、来年1~3月の3カ月予報を発表した。厳しい冬をもたらす恐れがある「ラニーニャ現象」が終息に向かって影響が次第に弱まり、気温は2月には全国的に平年並みか高くなる見込みで、春の訪れは早いと予想している。北日本(北海道、東北)は3カ月間を通じ寒気の影響が弱いが、関東以西は年末から1月にかけて冬型の気圧配置が強まる見通しで、西日本(近畿―九州)中心に寒さが厳しくなる時期がある。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信