外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【上海共同】中国人の日本観光を強く後押ししてきた中国の格安航空会社(LCC)の春秋航空(上海市)が、計画中だった日本への新規路線開設を凍結する方針を固めたことが3月31日までに分かった。日中関係悪化に伴う訪日観光の低迷を受けた措置で、日本以外のアジア諸国・地域に開設対象を変更する。春秋の王正華会長が共同通信に語った。同社の方針変更は、交流が縮小している日中関係の現状を浮き彫りにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信