外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 経団連は21日、2013年春闘で経営側の指針となる「経営労働政策委員会(経労委)報告」を発表した。2年連続で定期昇給(定昇)の凍結、延期の可能性を示した。賃上げを求める安倍政権への配慮から、原案にあった「定昇の見直しを聖域にすべきではない」との、賃下げを示唆する表現は削除し、労使の対決色を薄めた形だ。安倍政権発足後に経営環境の厳しさが和らいでいることを背景に、定昇制度見直しの結論を急がなかった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信