外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 食中毒の原因となる腸管出血性大腸菌O157の昨年の検出数は2007年に比べて約6割の水準に減少したことが、国立感染症研究所のまとめで28日、分かった。焼き肉チェーン店での集団食中毒発生を受け、生食用牛肉の提供基準を厳格化したり牛レバ刺しを禁止したりしたことが影響したとみられる。O157が検出された感染者は、07年は3432人だったが、牛レバ刺しが禁止された12年は1980人だった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信