外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本映画製作者連盟(映連)は26日、2011年の全国映画概況を発表した。興行収入(興収)は過去最高を記録した前年を大きく下回り、邦画と洋画を合わせて17・9%減の約1812億円。スクリーン数も73減り、18年ぶりに減少に転じた。うち東日本大震災の影響を受けたのは40スクリーンだった。興収総額のうち、邦画が占める比率は54・9%で、4年連続で洋画を上回る傾向が続いている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信