外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カンヌ共同】フランス南部のカンヌで開催されていた第66回カンヌ国際映画祭の授賞式が26日夜(日本時間27日未明)開かれ、是枝裕和監督(50)の「そして父になる」が審査員賞を受賞した。最高賞「パルムドール」や審査員特別大賞などに次ぐ賞の一つで、同映画祭のコンペティション部門で日本映画が受賞したのは河瀬直美監督の「殯の森」(2007年、審査員特別大賞)以来、6年ぶり。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信