外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 オリンパスの損失隠し問題で、2001年3月期までの時価会計基準の導入で、同社が財テク失敗による金融商品の含み損を記載する必要に迫られた際、当時数百億円の損失があったにもかかわらず、約170億円しか有価証券報告書に記載しなかったことが9日、分かった。同社の第三者委員会は、時価会計導入時に過少計上をし、損失を投資ファンドなどに移す「飛ばし」に頼った結果、損失が1千億円超に膨らんだとみて調査。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信