外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 オリンパスが損失隠しに利用した英医療機器メーカー「ジャイラス・グループ」の買収で、約2100億円の買収額が時価総額を58%も上回る価格だったことが、オリンパスの資産内容を調査した外資系大手会計事務所の報告書で12日、分かった。弁護士らで構成する第三者委員会も、ジャイラスを高額で買収した目的を詳しく調べている。調査は、社長を解任されたマイケル・ウッドフォード氏が依頼。英捜査当局に報告書を提出した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信