外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日米両政府は10日、沖縄県の米軍普天間飛行場の移設問題に関する作業グループの設置で合意。岡田外相がルース駐日米大使と会談後に明らかにした。外相は11日、クリントン米国務長官とシンガポールで会談し協議の継続を確認する。作業グループは調整継続の明確化を意味し、米側の求める年内決着がさらに困難になりそうだ。外相とルース氏は「沖縄の負担軽減」などの観点で在日米軍再編の重要性を確認。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信