外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 鳩山首相は7日午前、米軍普天間飛行場の移設問題について「政府としての考え方を、最終的にどういうふうに米国に申し上げるか決める時がきた」と述べ、近く米側に提示する日本政府の方針を固める意向を明らかにした。同時に首相は、日米で合意されたキャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行案については「米国から要求は来ているが、連立政権でもあり、沖縄の期待感もある。そう簡単ではない」と強調した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信