外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 沖縄県は2日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)に1日飛来した新型輸送機MV22オスプレイの騒音測定結果を公表し、宜野湾市上大謝名地区では「騒々しい工場の中」に近いレベルの最大89・2デシベルが観測された。同地区は滑走路南側に位置し、1日到着の6機は南側から進入した。最大値の89・2デシベルを記録したのは、騒音が大きい垂直離着陸(ヘリ)モードのまま、南側から直進してきた5機目と6機目。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信