外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 米政府が普天間飛行場の辺野古崎移設をめぐり、飛行経路の大幅な変更を日本側に主張していることが分かった。これまで集落上空を回避できるとしてきた滑走路2本のV字形を使って有視界飛行する際、陸上部により近接した空域を飛ぶとの見解を表明。日米合意の根底が崩れて騒音が拡大することを意味し、環境影響評価(アセスメント)見直しも避けられない。複数の日米外交筋が24日、明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信