外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本政府は31日、米軍普天間飛行場の移設を目指す名護市辺野古崎と隣接水域での代替施設の位置や配置、工法に関する日米専門家の報告書を発表した。滑走路は2本によるV字形と、1本のI字形を併記。米側が求めた陸上に近接する新たな飛行ルートについては、日本側が受け入れに否定的な見解を貫いたため明示を見送った。移設計画決定の大前提となる飛行経路を度外視した報告書に対し、沖縄側の反発は必至だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信