外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】オバマ米大統領が13日の鳩山首相との首脳会談で沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題について、日米政府間合意の「完遂が必要」と指摘した上で、代替滑走路建設地の沖合修正に関しては「調整も可能だ」と述べ、容認する考えを示唆していたことが17日、分かった。代替滑走路を現行計画から50m沖合に移動する「微修正」で問題決着を図ろうとするオバマ政権の姿勢が鮮明になった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信