外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米軍普天間飛行場移設問題は13日からのオバマ大統領訪日の際に主要議題とはならず、首脳会談後も日米間で協議を続けるとの考えを米国家安全保障会議(NSC)のベーダー・アジア上級部長が9日、明らかにした。米側は、同問題をめぐる対立が際立つことで日米関係全体に悪影響が出ることを考慮。「そう簡単に、年内に結論を出せる話ではない」としている鳩山由紀夫首相側に一定の配慮を示した形。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信