外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 米軍普天間飛行場の周辺住民が、米軍機の夜間や早朝の飛行差し止めや損害賠償を求めた普天間爆音訴訟の控訴審で、福岡高裁那覇支部は29日、一審に続き国に損害賠償を命じたが、差し止め請求は退けた。賠償額は一審の約2・5倍の約3億6900万円。河辺義典裁判長は「常駐機の騒音に低周波音が含まれることで、精神的苦痛が増大している」とし、飛行場のヘリなどの騒音と被害との因果関係を認めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信