外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ゲーツ米国防長官が20日に岡田克也外相と会談した際に、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、来月中旬のオバマ大統領初来日までに日本政府としての結論を出すよう求めていたことが22日、分かった。複数の政府筋が明らかにした。これに対し岡田氏は日米合意の重要性は認識しているとしつつも、与党3党合意や、沖縄の政治状況を理由に「短期間での結論は困難」との認識を示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信