外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米海兵隊当局者は9日の上院公聴会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を「少なくとも10年から15年使用することになる」との見通しを明らかにした。現段階で、普天間返還が2027年度ごろまでずれ込む可能性を想定していることになる。日米両政府は4月発表した基地返還計画で、普天間返還の実現時期について、最も早くて約10年後の「22年度」とする一方で「それ以降」との表現も付記していた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信