外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 甘利経済再生担当相は20日、5月の月例経済報告を関係閣僚会議に提出した。4月に「一部に弱さが残るものの、このところ持ち直しの動きがみられる」としていた景気の基調判断は「弱さ」の文言を削り「緩やかに持ち直している」と、2カ月ぶりに上方修正。海外経済の底堅さや円安を背景に輸出が回復しつつあることなどが要因。物価に関しては「緩やかなデフレ状況にあるものの、このところ一部に変化の兆しもみられる」と表現。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









共同通信