外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 前原誠司経済財政担当相は12日、10月の月例経済報告を関係閣僚会議に提出した。景気の基調判断を「引き続き底堅さもみられるが、このところ弱めの動きとなっている」とし、3カ月連続で下方修正した。世界経済の減速で生産が減少したため、5月以来盛り込んでいた「回復」の表現を削除した。日本経済の減速傾向が鮮明になった。3カ月連続の下方修正は、リーマン・ショック後の2008年10月から5カ月連続の修正以来。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信