外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は13日、11月の月例経済報告で景気の基調判断を引き下げる方向で調整に入った。下方修正は8月から4カ月連続。7~9月期の実質国内総生産(GDP)が前期比年率換算で3・5%減と大幅なマイナスとなり、世界経済減速などで事実上、日本経済が景気後退局面に入ったことを反映する。16日に発表する。内閣府は10月の基調判断を「引き続き底堅さもみられるが、このところ弱めの動きとなっている」としていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信