外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀が2日発表した6月の企業短期経済観測調査(短観)は、原材料価格や人件費の上昇が重しとなり、大企業製造業の景況感が5年半ぶりに2期連続で悪化した。企業の設備投資計画は強気だが、米国を発端とする貿易摩擦への警戒感が強まれば、慎重姿勢に転じる可能性もあり、拡大を続けてきた国内景気の先行きに暗雲が広がってきた。2日の東京株式市場では、短観への失望感から日経平均株価の下げ幅が一時、500円を超えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信