外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 野田佳彦首相は24日、29日召集の臨時国会で行う所信表明演説の骨格を固めた。景気の底割れ回避が喫緊の課題だとして景気浮揚策を実施する方針を強調。国民生活に影響を及ぼさないよう2012年度予算の執行に不可欠な公債発行特例法案の早期成立に向け野党側に協力を呼び掛ける。不適切な使途が指摘される東日本大震災の復興予算適正化に取り組むほか、沖縄県・尖閣諸島などをめぐり領土を守る決意を打ち出す考えだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信