外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀が16日発表した12月の企業短期経済観測調査(短観)は、最近の景況感を示す業況判断指数(DI)が、大企業の製造業で9月の前回調査から4ポイント上昇のプラス16、非製造業で6ポイント上昇のプラス20といずれも4四半期連続で改善した。円安や消費税増税前の駆け込み需要が企業の景況感を下支えした。ただ先行き見通しは悪化した。

共同通信