外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀が15日発表した12月の企業短期経済観測調査(短観)は、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)が大企業製造業でマイナス4と前回9月調査に比べ6ポイント悪化し、2期(6カ月)ぶりにマイナスになった。先行きはマイナス5で悪化予想だった。欧州債務危機を背景とした海外経済の減速や、長引く歴史的な円高が足を引っ張った。懸念材料の欧州危機に収束の気配はみえておらず、先行きには不透明感が漂っている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信